地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、京都の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

京都の地域情報サイト「まいぷれ」

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

^_^皆さん‼️「洛西、西京区、南区 リラクゼーション・サロン ボディ・リフレッシュ・グリーン ラクセーヌ店」

 リラクゼーションサロン ボディリフレッシュグリーン ラクセーヌ店のニュース

今日もおはようございます[[pict;a257]昨日も良いお天気でしたね梅雨は何処へやら、、、でも今日からお天気が崩れるそうですね今朝もが降り出し、お天気は/で気温は少し低く26度で湿度が高いのでこまめな塩分、水分補給をしっかり摂ってくださいね‼️グリーンニュース昨日からの続きです、、、崩れた子どもの生活リズムの戻し方、長くなりすぎたスマホ時間を短くするコツ【#コロナとどう暮らす】③。。。生活リズムや睡眠時間の長さは成績に比例、ところでそもそも、なぜ規則正しい生活が大切なのだろうか。生活リズムが崩れたという場合、大抵は前述の例のように就寝時間や起床時間が遅くなり、夜型の生活になっているケースが多い。平時の中高生などでは、ゲームのしすぎで就寝時間が遅くなり、その結果朝に起きられず、遅刻や欠席が増えるケースが目立つ。2014年に改正された厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針」によると、就寝時間が遅いとメンタルヘルスに問題が起きたり、就寝時刻や起床時刻の遅さが学業成績の低さに関係しているという。広島県教育委員会の「平成十五年度『基礎・基本』定着状況調査報告書」でも、小学5年生を対象に国語と算数の試験結果と睡眠時間の関係について調査している。それによると、睡眠時間が長くなればなるほど、成績も比例して良くなった。大人でも、生活リズムが崩れることで体調を崩したり、睡眠時間が短くなることで仕事の効率が下がった経験があるかもしれない。就寝時間や起床時間を早くし、適切な長さの睡眠を取り規則正しく生活することは、子どもの心身の健康や学業にとって重要というわけだ。約束と利用時間制限機能で日常に戻ろう学校や部活、塾や習い事が再開して、すっと日常に戻れた子もいるだろう。しかしもし、休校のときの生活を引きずっていてうまく戻れないなら、少しずつステップを踏んで戻していこうファーストステップとして、徐々に就寝時間と起床時間を休校前に戻そう。寝る前にスマホなどのブルーライトを浴びると睡眠の質が下がると言われているので、寝る直前の利用はなるべく避けるようにしたい。セカンドステップでは、スマホやタブレットの利用時間をもとに戻していこう。まず、利用しているスマートフォンやタブレットで、現状の利用時間を確認してみよう。利用時間がわかるスクリーンタイムやスマホ利用を管理できるファミリーリンクの機能をオンにしておき、一日のアプリごとの利用時間と総利用時間を確認してみよう。iOSの場合、「設定」→「スクリーンタイム」→「すべてのアクティビティを確認する」で可能だ。利用時間の長さを見て、おそらく「使いすぎている」と感じたのではないか。「もっと利用時間を短くしたい」と感じたら、それが第一歩だ。休校前と比べて長すぎるなら、改めて一日の利用時間について話し合ってみよう。学校の生活に支障が出ず、睡眠時間や学習時間、部活動や塾、習い事などに影響が出ない長さがいい。子どもと話し合って利用時間に関する約束事を決めたら、利用時間制限機能を使うと守りやすくなる。スクリーンタイムやファミリーリンクなどを使えば、カテゴリごとに利用時間を決めたり、スマホの利用をやめる時間も決めることができる。スクリーンタイムの場合は、「休止時間」で終了時間を、「App使用時間の制限」でカテゴリごとの利用時間が設定できる。就寝時間、起床時間などとともに、ゲームや動画視聴、SNSの利用時間をもとに戻すことで、徐々に日常が戻ってくるはずだ。自分が本来好きだったものややりたかったことを取り戻して、貴重な今という日常を思い切り楽しんでほしい。以上でこのニュースは終わりでーす‼️こちらも昨日からの続きです★寝違えについて③★つぼのご紹介です❗️大椎(だいつい):湿疹、にきび、吹き出物等、落枕(らくちん):寝違え、外労宮(がいろうきゅう):首、背中のこわばりや痛み、手の痛み等、詳しくは⬆️⬆️⬆️をご参照ください⭐️本日もなるべく不要不急の外出は控えて、マスクの着用(人が密集していない場合はなるべく外す)、3密に気をつける、手洗い、うがい、換気、手指のアルコール消毒等しっかり行って頂き、当店でもそれプラス1台ずつベッド除菌、タオルの交換等できうる対策を徹底しておりますので、どうぞ安心してお越し頂けたら幸いです皆様のご健康を願って無事に過ごせます様に、、、⭐️※外出時には、足元にもお気をつけてください※
リラクゼーション[リラクゼーション]

リラクゼーションサロン ボディリフレッシュグリーン ラクセーヌ店

最新のニュース一覧へ